読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川辺のレモン

映画・ドラマ・本の感想など。ネタばれあり

『エスター』感想【ネタバレあり】

エスター

前から観たかったので、Amazonプライムビデオで見つけ喜び勇んで視聴。
直接的なグロい描写はほとんどないのに、不穏な雰囲気と生々しい人間関係の描写でぐんぐん引き込まれてしまった。
内容について、なんとなく悪魔っぽいものが原因なのかなあと思っていたらその予想は外れた。

 あらすじ

孤児院の少女を養子に迎え入れた夫婦が、その日以来奇妙な出来事に遭遇する恐怖を描くサスペンス・ホラー。『蝋人形の館』のジャウム・コレット=セラ監督がメガホンを取り、実子を流産で亡くしたことへのトラウマと謎めいた養女に苦しめられる夫婦の姿を追う。悪魔の形相を見せる少女役の子役イザベル・ファーマンの熱演、ホラー作品を得意とするダーク・キャッスル・エンターテインメントによる一流の恐怖演出が観る者をとらえて離さない。( シネマトゥデイ

ネタばれ感想

外見は少女なのに中身は33才、というのが全く予想外だったので驚いた。
そしてそれまで「なにこの子…おそロシア!」という目で見てたのが「あーだからあの時もこの時もこういう行動をとったのか…」と腑に落ちつつ、彼女の内面を想像して切ない気持ちになってしまった。
横で見ていた家人は「SEXしたいならそういう人(ロリコン)とかいただろうに」って言ってたけど、違うんだ子供としてじゃなく大人のひとりの女性として愛されたかったんだよと思った。かといって「成長できない病気の大人の女性」として自立して生きる道を選ばなかったのは、きっと少女として生きることのほうがメリットが大きいと判断していたんだろうし、そのアンビバレントな生き方に引き裂かれていたのじゃないだろうか。
ともかくどちらにしろ 成長しない体を持った彼女は最初からその家の養子として数年以上留まる気はなかったはずで、そういう考えると父親を独占してほかの家族=邪魔者を排除する、というのが最初から目的だったのかな。
壁に描かれたリアルエロ絵にはちょっと笑ってしまったけど、欲求不満というか性についての衝動っていうのは実際の社会でも文明を発達させるほどの力を持っているわけだし、馬鹿にはできないよなあなどと思った。

関連リンク

 ↓DVDでは映像特典としてもうひとつのエンディングが収録されているらしい

 
 
 Youtubeで感想を語り合っている番組があったので貼っておく
↓外見は少女なのに中身は大人、というので思い出した漫画
(こちらはほのぼのした内容)