読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川辺のレモン

映画・ドラマ・本の感想など。ネタばれあり

『コンビニ人間』感想【ネタばれあり】

本のレビュー

f:id:klemon:20160904182332j:plain

文庫になるまで待とうと思っていたのだけど、漫画家の古泉智浩さんと歌人枡野浩一さんがやっている本と雑談ラジオのなかで話題になっててすごく面白そうだったので、kindleで注文してすぐ読んでしまった
(余談だけど↑このラジオ結構好き。あんまりとりつくろってない感じが、なんか聴いててなごむ。
あと映画の感想について、「もっと自分語り&好みで皆どんどん語ればいい」って二人が仰っていて、前々から感想ブログを始めたかった自分は背中を押された気がしてこのブログを始めたのだった)
 

あらすじ

36歳未婚女性、古倉恵子。大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。これまで彼氏なし。日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、そんなコンビニ的生き方は恥ずかしいと突きつけられるが…。「普通」とは何か?現代の実存を軽やかに問う衝撃作。第155回芥川賞受賞。(「BOOK」データベース)
 

ネタばれ感想

読みやすくて面白かった。
私も主人公と同じくわりとレールから外れた感じの人生で、去年くらいまで親や世間の「結婚&子どもはまだか」プレッシャーや、昔の友人に会った時のマウンティング合戦にメンタルをやられそうになっていたので、30代未婚非正規の人間に対して無遠慮な人間たちの描写を食い入るように読んでしまった。
でもこの作品の面白いところは、すごく的確に描写はしてるけどシーン全体としては必要以上に毒や皮肉をこめていないところ。
それは主人公の心理のあらわれで、困ったなとは思っているけど相手に憎悪とかは感じていないから淡々としてる。
反面、最後のコンビニの“声”をきくシーンのなんと感動的なことか。
構成として必然ではあるだろうけど、このバランスが本当にすごいと思った。
 

関連リンク

 

↓こちらもkindleで読了。
作者のコンビニへのラブレター。これ読むと確かにクレイジーかも…