読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川辺のレモン

映画・ドラマ・本の感想など。ネタばれあり

もはや親戚のおばちゃん目線/『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲』感想

f:id:klemon:20161009161417j:plain

観たことのない名作を観てみようシリーズ。
amazonプライムビデオで鑑賞。

あらすじ

もはやお子様向けアニメ映画の枠を完全に脱した感のある「クレヨンしんちゃん」映画版の9作目。21世紀を無かった事にして、再び世界を20世紀の時代に返そうと画策するイエスタディ・ワンス・モアのリーダー、ケンと自分たちの未来を守るべく立ちあがったしんちゃんの壮絶な戦いを描く。
春日部に誕生した“20世紀博”。そこはひろしやみさえたちが育った70年代のテレビ番組や映画、そして暮らしなどを再現した懐かしい世界にひたれるテーマ・パークだった。大人たちは子供そっちのけで“20世紀博”に熱中していくが、しんちゃんたち“かすかべ防衛隊”の面々はそんな親の姿に呆れながらも心配そうな目をしていた。その夜、20世紀博から重要なお知らせがある事を思い出してTVを付けるとひろしたちは……。(allcinemaより)

ネタばれ感想

クレヨンしんちゃん」については、弟がしんちゃんの真似をするからという理由で実家では禁止されていた、というぐらいの印象しかない。映画版も、TV放映されていた『超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁』と『バカうまっ!B級グルメバイバル!!』をぼんやり眺めてたくらい。(後者はうまくまとまっていて、前者はストーリーと演出が…という感想)
オトナ帝国については超名作というだけあって各所であらすじもクライマックスも聞きかじりしてしまっていて、今さら観るのもどうなのかと思ったけど、結局父ひろしの回想とラストでしんのすけが走る場面で泣かされてしまった。
シリアスになりすぎないようなバランスで演出されていたけど、「両親が自分を見捨てる」って子供にとってはすごく怖いシチュエーション。そういうシーンになるたびに胸がズキズキ傷んだし、子供たちががんばるシーンでは「こんなちっちゃい子に無理させんといて!」ともはや親戚のおばちゃん目線で観てしまっていた。
私は子どものころ、昔を懐かしむ大人の発言をきいても内心ケッと思うようなひねくれた子だったけれど、今はこの映画の前半のような大人たちの気持ちも少しわかる。でも、どんなに希望がない時代になってしまっても、責任の大きさに投げ出したくなる立場になっても、未来を向いてもがいていくしかない。子どもにとってだけじゃなく大人にとっても、本当の希望はその先にしかないのだから。たまに「あー働かなくても親が守ってくれる幼稚園時代に戻りたい」と思ってしまう自分だけどそう思う。

参考リンク